【HHKBハック】PCと、スマホやiPad miniを、自在に切り替えながら使えるよ


PC、スマホ切替器 ATENのCS533 Tap を使えば、PCとiPad miniを、自在に切り替えながらHHKBキーボードが使えるらしいので試してミタ。EneBRICKの代わりになるらしいゾ。

ATEN CS533のパッケージ。全部英文~、なんとなくわかりまセン。
そんな私のために
ATENジャパンのサイトから取扱説明書がダウンロードでキタ。
ATENは台湾本社のPC切替器メーカー

ATEN CS533のパッケージ裏側。シンプルで
美しいパッケージだ。

ATEN CS533 Tapの内容。USBコードは直付。
保証書、クイックリファレンス、キー用のシール。
おっと、ガジェットを立てかけるためのアクリル板。


ATEN CS533の背面。二台のキーボードをつなげられるのか?
妄想は果てしなく時空を越え行く。レポートを待たれい。

ATENのCS533とキーボード、モバイルバッテリーを
接続シタ。完璧だ。HHKBのポメラ化が可能になる~。

ATENのCS533とiPad miniがブルートゥースで繋がった。
キーボードマッピングもiPhone/iPad用に変更できた。
ATENのCS533とポメラDM100ああ、なんと
HHKBキーボードは小さいのだろう。
DM100と大差無いように見えるよね、見えるよね。


ATENのCS533にモバイルバッテリーを背負わせた。
サイズがなんとぴったりでアル。
最終形態がこれだ、かなりずんぐりだがコンパクトにまとまった。バッテリーはいつも持って歩いているものだし、EneBRICKの代替品になるのではなかろうか、ATENのCS533はアマゾンで税込み送料込みで約6,000円だった。なのでEneBRICKの半額以下である。コストパフォーマンス良しハック度はこっちが上だと思うよナゼカ。

できることまとめ
  1. お気に入りのHHKBや東プレREALFORCEを使い、PC作業しながらスマホやタブレットに切り替えながら文字入力ができる。これはEneBRICKではできない。実機が届いたらわかるけど、多分手元に来るのは5月デショ。
  2. スマホやタブレット用に小型のHHKBキーボードを持ちだしてモバイルで使える。
拙者のやりたかったことは、2のHHKBのモバイル使用ダ。リビングでテレビを見ながら日記を書いたり、近所のダサイ雰囲気が充満したカフェでいつもの焦げたようなマズイ深煎り過ぎるカフィを喫しながら、好みのHHKBでいふぉん(iPhone)や、いぱっど(iPad)に駄文を超低速で入力するノダ。

天の采配で予期せず入手できたiPad mini Retina で、シームレスなブログ掲載作業ができるといいナア。

参考になるかもしれないリンク

拙者はここで、同梱されていなかったユーザーマニュアルを入手した。ファームウェアもここだ。訪問されタシ。